2019年 フェスにおいて体力がない人が生き抜く為の無難な服装について

スポンサーリンク
フェス・ライブ
スポンサーリンク

初めての野外での夏フェス。
いつもと違って、何かトラブルがあってもすぐに対処するのは難しい・・・
だからこそ準備は万全に!
フェスぼっち勢の私が問題なく過ごせる服装を紹介します!

フェスの服装ってちょっと迷いませんか

 

フェスに行くとき、服装持ち物で悩んだりしませんか?

私はそこそこ迷ってきました・・・

寒い?暑い?いる?いらない?

 

なるべく荷物は減らしたい・・
でも必要なものまで削ってたらどうしよう・・

 

わたしも、何度か経験をつんで、完璧ではないですが
とりあえず大丈夫な荷造りが出来るようになったつもりです。

わたしがライジングサンロックフェステイバル(以下RSR)会場でひとりでも

困らない最低限と思われる服装リストを公開します!

この服装に至った経緯

 

 

ちょっとだけ語らせてください

 

 

わたしはとにかく体力がありません。

平日は平均で2000歩位しか動きません。

 

5000歩を超えた日にはもう・・・!歩いてる最中から筋肉痛のような症状が始まる始末。

 

さすがにやべぇよ

 

そんなわたしでもRSRに行くとはしゃいでしまい、1日あたり30000歩ほど歩きます。

 

RSRに通いだした頃は、丸腰で参加していたので、それはもう帰り道一歩も歩けなくなり地下鉄の入り口前で休憩したりしていました。

 

燃え尽きた真っ白な灰になるアレです。

 

人間らしく動けるまで3日間程休息を必要としていました。

 

経験から学ぶ

 

体力無し人間にとってはRSRでの立ち回り方も大分大事!

なのですが、装備(服装)でかなり変わる!!

 

服装も自分なりに試してみてまだまだ改良の余地、試したいと思うこともありますが、とりあえずそこそこな基本スタイルがわかってきました。

 

ただし、おしゃれのことはよくわからない

 

おしゃれさんに何か言える事なんて全くございません。

わたしは、フェスに行き出した頃、ネットで検索しても

  • おしゃれさんや海外のスナップばっかり・・
  • 頭に花とか生やせない
  • 腹出し・・?

 

意味がわかりませんでした。

 

わたしにとって大事なポイント

 

  • ライブにいくような服装でいいのか?
  • 野外で1日乗り切れるのか?

不安がありましたね。

ひとりで行くのなら頼れる人がいないので尚更。

おしゃれではないと思うのですが、

  • 暑さ、寒さにある程度対応する
  • 動きやすい
  • 無難

 

かつ

 

  • 体力温存できる

 

こんな感じで今年もわたしはRSRに参加します!

 

 

今年もわたしはこんな感じ

 

基本は帽子+Tシャツ+ハーフパンツ+コンプレッションタイツ+スニーカーとなります。

 

 

手書き・・!!

 

帽子

  • ねこっ毛なので髪がつぶれないように1サイズ以上大き目
  • 灼熱対策で通気性がよいもの
  • 全方位につばがあるもの(キャップは暑いし日焼けするよ・・)
  • 雨はレインコートで防ぐので防水性はあまり気にしない

 

 

 

正直被らない人もそこそこいます。

ただ、わたしは絶対必要だと思っています。時に晴れと雨の日。

直接雨が顔に流れてこないように出来るし、晴れは日焼けと日射病防止。

日射病対策マジで大事

RSR会場はほんとに日陰あんまりないからね。

ある年・・・

帽子を忘れた数年前のわたしは40分程で日射病になりました。

最終的に、当時まだクリーンだった「ゲスの極み乙女」のフード付バスタオルを物販で購入して

ゲスファンとして過ごしました。

結構生地もしっかりしてて、上半身全部隠せるので本当に助かりました。

自ら日陰を作っていくスタイル。

翌年も・・・と思っていたら 卒論のくだり があった為封印となっております。

 

良き思い出です。

 

迷った時はアウトドアブランドで適当に選ぼう

 

 

Tシャツ

  • 好きなバンドのTシャツ
  • 汗ビチョ対策で着替え1枚持っていく
  • 灼熱の昼間に黒T着ると虚弱は死ぬ(着てる人はたくさんいます)
  • 物販で買って即着るのも楽しいね

 

速乾性や機能面だけ重視するならもっと選ぶべきTシャツがあると思うのですが、

一番妥協できるというか、インナーちょっと汗とか対策しといてTシャツで気分を盛り上げるような気持ちもあります。

 

ちょっとはフェスかぶれ感出したい。

 

パンツ

 

  • 通気性のよいひざ丈くらいのパンツ
  • 灼熱にも大雨にもある程度対応できる乾きやすい素材
  • パタゴニアのバギーズショーツが好き
  • 安く!ならユニクロでどうぞ

 

割とジーパンの人見るけど、汗とか大丈夫なんだろうか??

 

元気な若人は高校ジャージやディッキーズとかいますね

 

ディッキーズはポケット深くて地味に便利よね。ポケットにペットボトル入るの。

そのまま履くのは照れる年頃になったので

裾を降りまくってキュロット?みたいにして履く事があります・・!

立ったりしゃがんだり飛んだりスカのような千鳥足になったり・・

動きやすい事がとっても大事!

 

サポートタイツ(レギンスみたいなやつ)

 

  • お金のはり所
  • 金額と筋肉痛軽減率は大体比例する
  • プチプラでも生足とは段違いの快適さ
  • 日焼け、汗、虫対策にもなる

 

絶対 絶対おすすめ

 

くわしくは「コンプレッションタイツ」でググってほしい。詳しい記事を誰か書いてくれてる

 

丸投げ・・!!

黒色が多くて光を集めてしまうけど、熱さ以上の快適さがある!

 

初日中盤と終わって寝る前に全身にバンテリンを塗りこむと2日目がちょっと楽!
本当にやってほしい。

 

  • スニーカー
  • クッション性が高くて軽くて履きなれたもの
  • 泥、土で薄汚れるので後悔しないもの
  • 雨は別で対策するので防水性はあまり気にしない(スプレーはかける)
  • コンバースは中敷いいやつ入れないと夕方頃に足裏が爆発する

 

足もむくみがちなので幅広タイプが好き

よく登山靴のことを言われるが、わたしは今のところスニーカーで大丈夫です。

靴下は足首まである厚手の登山用かスポーツ用を押したい。

 

 

その他

カバンに入れて持っていく衣類

 

レインコート

 

  • ポンチョタイプ(カバンごと守れる・簡単な着替えもできる)
  • 登山とかのガチ装備あればそれも良いと思います(持ってない)
  • ジッパーに止水しているもの

100均ぽい透明のレインコートの人たくさんいるけど、あれ長時間雨降られたり、豪雨になったらもうムリってなりますよ

かわいい柄も多いのでちょっと地味志向のわたしでも冒険できるゾーン

 

 

防寒着

  • ウインドブレーカー&中にもう一枚
  • リュックに詰める(荷物はクロークサービスで預ける予定)

インナーとしては秋口位でも耐えられる位を想定して選んでいます。

寒がりの方は長ズボンあると安心かもね。

わたしも心配な時はダボダボのスエットとか持っていったりしてます。

サポートタイツだけでは夜の寒さに太刀打ちできませんでした。

 

以前寒さ対策不足で朝を迎えた結果、肺炎になりました。

 

RSRは海も近いし、湿った空気によくなります。

夜中のライブではしゃいだ直後は、人々から湯気が出ている位に寒くなる事はよくあります。

(ライブ直後は楽しさが勝って、寒さが心地よいのも危ないポイント)

 

登山系とか良いもの持っている方はそれで。

わたしは、インナーはもこもこのユニクロフリースかダウンを持って行っています。

ウインドブレーカーもそこそこ温かいやつ。

防水あった方がいいと思うのですが、初めての方でゴアテックス買えはなかなか高いと思うので必須ではないと考えてます。

防水は雨具でがんばる!着膨れても大丈夫なポンチョタイプ押し!

わたしは温かい時用のウインドブレーカーと寒い時用で念のため釣りの時の上着を持っていきます。

寒さ対策だけ手厚い。。

肺炎の後喘息発症したからね。

 

長靴

 

 

  • 雨予報がある時は必ず
  • 前日雨の時も必ず(会場は水はけ超絶悪い場所複数あり)
  • 野鳥の会はなんだかんだ便利


とりあえずリュックに詰め込んでおけばOK

田植えにスニーカーでは(わたしは)太刀打ちできません。

最後に

わたしはこうだよ って事を長々と書いてみました。

もちろん色々なスタイルの人はいて、

全身黒の人とか、友達とおろそいのお花ハヤシ系女子とか、モッシュ大好き19歳とか、サッカーユニフォームとか、薄手のカーディガン羽織る奥様とか民族衣装の人とか、ユニクロリラコの人とか・・とにかく色々!

はじめてRSR行くよ

とりあえず無難にいきたいよという方に向けて書いてみました。

何かの足しになれば幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました